Dell S2721DGFのレビュー! コストパフォーマンスの高いモニター‼︎

  • URLをコピーしました!

どうもこんにちは、モニターが欲しくて我慢出来なかったKTT(@mcktt18952)です。

PC用に高画質モニターが欲しい!
ゲームもやるのでリフレッシュレートも高いものが欲しい!

こんなこと思った事ないですか?

そんな方に今回はこちらをレビューしていきたいと思います!

【Dell S2721DGF】です。

Dellのゲーミングモニターになります。

本記事では【Dell S2721DGFのレビュー! コストパフォーマンスの高いモニター‼︎】についてレビューします。

メリット
デメリット
  • QHDの高画質パネル
  • 165Hzのリフレッシュレート
  • 豊富な接続端子
  • 4Kではない
  • USB-TypeCの接続が出来ない
  • スピーカーがない
目次

Dell S2721DGFの概要

S2721DGFはDellが販売しているゲーミングモニターです。

本体詳細

価格96,580円(税込)
重量モニター 4.5kg (梱包時 9.7kg)
接続方法HDMI x 2
DisplayPort 1.4
USB 3.0ダウンストリーム x 4
USB 3.0アップストリーム
ヘッドフォン
オーディオラインアウト
画面サイズ27インチ
パネルタイプFast IPS
解像度QHD 2560 x 1440
応答性/応答時間165Hz (DisplayPort) 144Hz (HDMI) / 1 ms(GtG)
HDR認証DisplayHDR 400
S2721DGF スペック

Dell S2721DGFは2020年7月に発売されました。

引用元:Dell Technologies

Dell S2721DGFのレビュー

Dell S2721DGFの特徴を紹介していきたいと思います。

Dell S2721DGFとは

上記がDell S2721DGFを開封した時の写真です。
スタンドと各種ケーブル、組立説明書が入っていました。

下段にはモニターとスタンドアームが梱包さています。
ドキドキ、ワクワクですよ!

本体デザイン

スタンドとアームなります。
5角形の変形型デザインのスタンドは安定感は十分です!

アームはスタンドで底辺から手回しで締め付け固定できる様になっています。
手回しでもしっかりと締まります。滑り止めも6箇所あって安心です!

組み上がりました。
この状態でモニターに取り付けするように指示書に書いてありますので取り付けていきます。

背面のスタンドを装着して無事に組み立て完了です。

27インチのモニターは思いの外大きくてびっくりしています。

付属品は電源ケーブル、HDMIケーブル、DPケーブル、USBケーブルと組立説明書になります。
組立説明書を見ながらでも完成まで5分あれば出来ます!

QHDの高画質パネル

Dell S2721DGFQHD 2560 x 1440の解像度がありLEDバックライト付き液晶モニターです。
QはQuadで4倍の意味です。何の4倍かというとHDの4倍の画素数になります!
HD(High Definition)は1280 x 720の画素数で構成されています。
それに縦横を各2倍(合計4倍)にしたものがQHDです!

QHDはWQHDと呼ばれる事もあります。


ちなみに4Kは3840 x 2160の解像度があります。Full HDの4倍が4Kになります。

Full HDQHD4K8K
縦 x 横1920 x 10802560 x 14403840 x 21607680 x 4320
画素数(約)210万370万830万3320万

また10億7000万色の色彩なのでとても見やすく目に優しいモニターです。

さらにDisplayHDR400にも対応しています!
この対応で細部まで鮮明な色彩とリアルな画像を再現できる様になっています。
特にゲーム使用時には白飛びを抑えてくれたり、暗い場所でも敵やアイテムを見つけやすくなります‼︎


ゲームを楽しむのもデュアルモニターで使うのもとても便利で重宝しています‼︎

165Hzのリフレッシュレート

Dell S2721DGFは最大で165Hzのリフレッシュレートになっています。

※リフレッシュレートとは
1秒間に何回画面が切り替える事ができるかを示しています。
このモニターは165Hzなので1秒間に165回画面を切り替える事が可能になります。
この数字が大きいほどより滑らかに動きます。
よくパラパラ漫画に例えられます。パラパラの枚数が多い方が動きがいいですよね!

この165HzはDPで繋いだ時です。
MacBook ProのサブディスプレイとしてHDMIで繋いだ時は144Hzになりました。

ゲームではTPSやFPS、シューティングゲームなどで大活躍します。
作業用のモニターは60Hzが一般的で、ゲーミングモニターでも最近は高リフレッシュレートのモニターも増えて来ていますが144Hzが多いと思います。

その中でS2721DGFは165Hzを誇ります。

PS5は120Hzに対応しています。
Fortniteも120Hzに対応していているのでヌルヌルの動きを楽しめて有利にゲームを進められます!
※Fortniteのゲーム内設定で120Hzに変更が必要です。変更前は60Hzなので注意が必要です。

応答時間も優秀です。
液晶パネルの性能指標の1つでGtG(Gray to Gray)という応答速度を計測する方法があります。
中間色から別の中間色に切り替えるのにかかる時間を計測します。

この切り替えが速ければ残像が残らずに鮮明に映像を映像を映す事が出来ます!
S2721DGFは1msの応答時間です。一般的なモニターは5ms〜8ms位なので高速応答しています。

165Hzと1msの性能がゲームの戦況を有利にしてくれるモニターです!

豊富な接続端子

S2721DGFには豊富な接続端子が搭載しています。

HDMI x 2
DisplayPort 1.4
USB 3.0アップストリーム
USB 3.0ダウンストリーム x 4
ヘッドフォン オーディオポート


USDハブには外部キーボードやマウスなど繋げられるので多様性がとても高いです!

S2721DGFのデメリットS2721DGFのデメリット

デメリットは3点です…

  • 4Kではない
  • USB-TypeCのポートがない
  • スピーカーがない

1点目は4Kではないことです。
4Kのモニターは多くあります。
お値段も求めやすい物が増えていると思います!

今回のPCのサブモニター兼ゲーミングモニターとして使える物を検討して購入しました。
ゲーミングモニターで4Kを調べると…

高い!!

4Kゲーミングモニターは沢山あります!
でもどれも10万円は軽く超えていきます‼︎
最近はSonyで【INZONE M9】も発売されましたが15万円越えです…

デメリットであげていますがただただ高額で手が出なかっただけです…

2点目はUSB-TypeCの搭載が無いの点です。
ゲーミングモニターですのでUSB Type-Cはオーバースペックですよね…
ただUSB-Cが付いていれば最強モニター間違いなしです!

3点目はスピーカーがない事です。
機能と性能を考えてお値段が決まるので致し方ないのは承知しています!
ぜひ外付けスピーカーを検討する場合下記の記事参考してください❗️

おわり

今回はDell S2721DGF2のレビューを行いました。

このモニターを数ヶ月使用してみての感想になります。
ゲームで使う方が多いですが大満足しています!
165Hzのリフレッシュレート(120Hzまでしか体験していませんが…)、1msの応答速度と10億色の色域での
映像は不満点はありません。


作業用モニターとしてもQHDの高画質かつワイドモニターなので作業効率が捗ります!

Dellのメーカー保証も付いていますので3年間は安心して活用できます。
この保証は画面にドット抜けが1つでもあれば交換してもらえます。

購入時期はDellでおトクなセール開催時です!
定期的にセールを行なっているのでホームページを確認してから購入をオススメします❗️

ゲーミングチェアなどもいかがですか?

今回の記事は以上です。

お読み頂きありがとうございました。KTTでした。

🔽他にも関連製品を購入してます。是非こちらもご覧ください。
Anker

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次